我が家には、親の熱~~~い期待が詰まった

「世界文学全集」全30巻。

おまけに

英語でしか書かれていない・・・ たぶん百科事典。。。w

ってか、読めないのに百科事典?。。。w

約40年間げっそりずっと我が家の居間のグレードアップに貢献してる。。。笑

かなり高かっただろなぁ。。。

 

親の子供に対する期待、大きいかったんですね冷や汗

 

 

 

 

 

 

 しか~し!!私!

親の期待に見事に背き、学生時代は文学や小説、活字には見向きもせず過ごしましたあせあせ

 

私が読書に目覚めたのは大人になって、だいぶ経ってから。

小説好きの教え子の影響でした。

自分でも驚きましたが、活字の魅力にしっかりはまり現在に至ります。

 

では、学生時代の私、何を読んでいたかというと。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の・・・辞書。(・。・)。w

赤いのは当時も今も使っている英語の辞書。国語辞典は私が使ってたのはあまりにボロボロ。これは娘の。。。他に故事・成語、イタリア語、ここにはないけど、漢和辞典。。。笑

 

これ、ほんとなんです。

辞書って、自分が調べたい事に辿り着くまでにページを捲って、たくさんの情報を目に出来るんです。

ある時には、何を調べてたか忘れるくらい。。。それが面白くて(*´∇`*)

長時間乗り物乗る時は、最低一冊はカバンに入っていました。w

辞書を読んでました。。。笑

広辞苑が欲しかったけど・・・お値段高くて。。。分厚いし。。。笑

うちには日本語の百科事典あったので。。。w

 

時代が変わり、電子辞書が当たり前になってしまいました。

我が家にも電子辞書ありますが。。。

電子辞書って、調べたい事を入力してその事だけ。。。

実につまらない。。。┐(‘~`;)┌

 

世の中デジタル化されて、いいこともあるかのも知れないけど。。。

アナログ時計の時間の経過が見えるのが・・・読めるのが好き。

そこに辿り着くまでの経過を感じるのが・・・好き。

 

必要なものしか目にしないって・・・つまらない。。。

想像力も欠如しちゃう気がする。。。

 

テレビやネットで情報は得られるけど。。。

なんだか違う気がする。。。

雑音といわれる音や、一見無駄に見えるものの中に、見失っている魅力が詰まっている

かも・・・知れないよ (*´∇`*)

 

 

 

 

 

コメント

Captcha Captcha Reload