夏休みが終わると残暑が非常に厳しくなる。。。

昔からそうです。そんな記憶があります (-_-;)

 

さて、小学校の夏休みといえば・・・どっさり宿題、日記。。。┐(‘~`;)┌

そして、これを忘れちゃいけない!!!

 

作品・自由研究!!!

 

きょう、多くの生徒が通い、私の母校でもある黒石東小学校の作品展をのぞいてきました♪

作品展の会場には想像&創造が溢れてました(*´∇`*) 

 

工夫・苦労、頑張りがいっぱいの空間♪

 

そして、懐かしいですね(^^)

 

自分の娘が3年生の夏、工作に取り掛かったのがネプタ祭りの期間にぶつかり、大好きなネプタですが、その年は合同運行以外ほとんど参加しないで、ほぼ一週間部屋にこもって【ミニチュア八百屋さん作り】チマチマ細かい作業(・・;)ものすごい集中力!

親の私も嫌いじゃないから、もしかしたら子供よりワクワクしながら、アイデア出したり、ちょこちょこ?どんどん?・・・手を貸したり。。。正確には手を出したり 

 

子供の宿題ですが、作品のイメージをどうしたら上手く形に出来るか!!子供が考えに行き詰まった時、そこに親の知識やアイデアをアドバイスするのは、むしろ良いことだと思います。 :-P

作品を作る過程で知ることがたくさん!!知識が増えます。

その積み重ねが豊かな発想に繫がります。

 

表情豊かな人に囲まれる環境にいる赤ちゃん・子供は、自然に表情豊かになるように^^

 

夏休みの工作・作品! ちょっと面倒に感じますが、

親子が一つのことに向き合う事って実はとても少ないように思います。

もちろん親にいっさい手をかけさせず、子供が一人で取り組んだ場合は

頭くしゃくしゃにするほど褒めて絶賛してあげなきゃ!!

そう考えると、夏休みのこの課題はとても貴重な機会だと思えます(^^)

 

来年の夏休みは、何やるのかな?

今からアンテナ立てて、いっぱい周りを観察して見てみるといいかも!

 

 

追伸。。。

我が家の場合、子供主導だったかは・・・不明です。。。笑

 

私、次は孫の夏休み頑張ります!!!♪( ̄▽ ̄)ノ″

いつになるかは皆目検討つきませんが。。。笑

 

 

コメント

Captcha Captcha Reload