先日、亡き父の旧友の奥様が急逝したと情報が入り、きょう午前葬儀に参列してきました。 親しくしている従姉妹の嫁ぎ先でもあります。

 

84歳の奥様はとてもお元気だったらしく、その日もいつもどおり食事をし、いつもどおり庭の手入れをして過ごしていたところ、突然激しい頭痛に襲われ、手の施しようがない状態だったと。。。

手術で出血を取り除いても意識の回復は難しいとDrからの話。

延命処置をするか、このまま看取るかの選択をしなければならない親族。

 

延命はしなかった。。。静かに翌朝息を引き取ったとききました。

 

読経中、何度も大きくため息をつきながら、祭壇の写真を見つめているご主人の姿がありました。

 

60年以上連れ添った奥さん。4歳年上の自分が奥さんに看取ってもらうはずだったのにと。。。

 

あまりに急な今生の別れ。 

 

延命をしなかったことを、

「まだ何も言ってない。せめて一週間でも看病したかったなぁ。伝えたい事がいっぱいあったのに何も言わないうちに、逝ってしまった。。。」 と、小さくつぶやいたそうです。

 

葬儀が終わりロビーでお会いしました。

 

約20年ぶり。

「本堂です。ご無沙汰しております」

「お~博美さんの~」と、とても懐かしそうな笑顔で手をとってくれました。

私号泣。博美は亡き父の名前です。

 

従姉妹が初めてだっけ?っていうので、

「若い時にお会いしましたよね^^」と私が言ったら

 

「うんうん。今も若いけどな!」って。。。w

 

「父は向こうに逝っちゃいましたけど、まだ来るなって言ってますよ」って言ったら

「うん。逝っちゃたよなぁ。。。うん。まだ逝かないよ」って。

 

父と話しているみたいでした。

 

穏やかで、温かい余生でありますように。

 

 

コメント(4)

  1. きょうこ

    読んで即、涙(やはり)。

    今日はおつかれさまでした。
    悲しいことなのでしょうけど、
    なんだか悲しいだけじゃない、
    じんとくる涙がでますね。

    返信
    • あきこ先生 あきこ先生

      いろんな思いがこみ上げてきて、とても深い時間を過ごしました。

      返信
  2. ふかふか丸

    見送る立場になる私たちの年代として

    すこしだけ先輩のご遺族たちの覚悟。
    先立つ方の潔い旅立ちかた。
    心の整理をする時間は、思わぬくらい慌ただしく過ぎますが、一段落着いた頃に、訪れる大きな喪失感。
    今は、まだ、まだ、準備は、必要じゃないと思っても、
    少しずつ、「お別れの仕方」を、見習わなければと思います。

    できれば、いつか、置いてゆく我が子達への心配りが、出来るほど、強くなりたいですね。

    無理だったら、枕許にたとうかな。

    返信
    • あきこ先生 あきこ先生

      いつか訪れる時を、日々どこかに意識して過ごすようになってます。

      私枕元に立ったら、「いい加減に片付けろ!!」と娘に説教してるかも!笑 

      返信

Captcha Captcha Reload